[PR] ひな人形 ケチ | いただきます*blog*

いただきます*blog*

文鳥・こどもたち・おやつ・はな・本・美術館・映画・ライブ。
好きなものいろいろ。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< リアル鬼ごっこ | main | 勇気あるなぁ >>
# ケチ
妹がプチ家出をしてきたとき
ふたりでウルフルズのライブに行った。
日曜日だったので、終電で帰宅するには
20時台の新幹線に乗らねばならない。
結局、ライブの途中で出てきて帰った。

その時、私が時間を間違えて
会場から10分早く出てきてしまったので
何だか悪くて
誕生日も近かったし
渋谷のチケットをGETして、送ってやった。

ライブ当日は、新潟も凄い強風の日で
千葉から東京へ行く電車がとまった。
蘇我の駅から「泣き」の第一報が入ったのは、15時。
運が悪いとしか言いようがない。

妹は、四女。
女ばかりが四人生まれて
親は名前をつける気力もなくて
とりあげてくれた産科の先生が、自分の名前をくれたと聞いた。

妹が結婚する時、あちらのご両親がご挨拶に来て
家の母が
「ウサギ小屋から、ウサギを一匹持っていくような気持ちでは困りますよ」
そう言ったのが、今も耳の奥に残っている。(私らウサギですか…)

何がケチのつけ始めだったんだろう。
もう、今となっては思い出せない。

結局、頑張って会場まで行こうとしたけど
チケットは手元に残ってしまい
電車代だけは返ってきたとメールが来たのは23時。

無駄にしてしまった侘びと
ずっと記念に取っておくよと
でも、子供たちが協力的で嬉しかったと
長い長いメールに「今度のライブは諦めて新潟に来い!」と返事をした。

子供の頃、兄弟が多いのが嫌だった。
年がら年中「お姉ちゃんなんだから我慢しなさい」と言われた。
今は、みんな大人になったし
遠く離れているからあまり感じない事が多い。

でも
妹がまだ小さい頃、お使いに行ってお店に置き去りにしたり
米のとぎ汁に砂糖を入れて「カルピスだよ」と言って飲ませたり
とんでもない意地悪をやったもんです。

やっぱり、私の妹としてこの世に誕生したことが
ケチのつけ始めだったんでしょうかねぇ…
| comments(0) | trackbacks(0) | 22:28 | category: 日記 |
# スポンサーサイト
| - | - | 22:28 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://namiruu.jugem.cc/trackback/680
トラックバック
Selected Entry
Recommend
永遠。
永遠。 (JUGEMレビュー »)
村山 由佳
「言葉にすると、想いはこぼれおちてしまう。」
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
BlogPeople
Search this site
Sponsored Links