[PR] ひな人形 舞台版 はみだしっ子 〜in their journey through life〜 | いただきます*blog*

いただきます*blog*

文鳥・こどもたち・おやつ・はな・本・美術館・映画・ライブ。
好きなものいろいろ。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 現美に乗っています。 | main | チケット >>
# 舞台版 はみだしっ子 〜in their journey through life〜

10月21日、日曜日

千穐楽。

 

新宿、シアターサンモール。

 

20181025_2747591.jpg

 

東京公演での初日(TBCチーム)と千穐楽(TRKチーム)を拝見できるという

幸せな日程でした。

 

できれば、3チームとも見たかったけれど、それは贅沢。

TRKチームだけは今回で卒業と聞いて、絶対生で観劇したいと考えていました。

経験豊かな俳優さんが揃ったチームです。

あ、ここ、絶対アドリブ!という場面もあり、さすが!と思う。

グレアムの落ち着きっぷりも、熟練の演技力。

それぞれ個性的な、グレアム、アンジー、サーニン、マックス。

 

今回のはみだしっ子〜in their journey through life〜では

「残骸踏む音」「そして門の鍵」をメインに構成。

初回を見ていなくとも、ひとつのお話として十分成り立っています。

岩さんのシドニー……素敵でした。

気怠く退廃的で、妖艶。

 

それにしても、シドニーの最後の「追いかけてよ」に

さらなる続編を感じ取ったのは、私だけではないはず。

 

次があるのなら、彼らはきっとあの山に登るのでしょう。

 

 

 

 

ところで

私はグレアム推しなのですが

誰がいちばん好き?って考えると、サーニンなんです。

なんか変だなと思っていたのだけど

漫画のなかで、グレアムがサーニンに救われる……気持ち的にとかでね

そんな場面がいくつかあるのですよ。ほら、あの左手を預けて眠るシーンとかね。

グレアムは、サーニンに救われているんだなーと思うわけです。

私自身が、どこかグレアム化してるんだなーと、思うわけです。

 

 

 

 

 

| comments(0) | trackbacks(0) | 20:53 | category: Studio Life |
# スポンサーサイト
| - | - | 20:53 | category: - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://namiruu.jugem.cc/trackback/1236
トラックバック
Recommend
永遠。
永遠。 (JUGEMレビュー »)
村山 由佳
「言葉にすると、想いはこぼれおちてしまう。」
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
BlogPeople
Search this site
Sponsored Links