[PR] ひな人形 カラダのキロク・ココロのキロク | いただきます*blog*

いただきます*blog*

文鳥・こどもたち・おやつ・はな・本・美術館・映画・ライブ。
好きなものいろいろ。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
# 鬼の撹乱
2016022321390000.jpg
風邪をひいて、隣のお医者さんへ行った。
久しぶりですね、と言われて
医者自体、久しぶりだと気付く。

出してもらった薬に、胃薬が入っていなくて

飲むと胃が痛い。

あまりの吐き気に、服薬中止。

抗生物質以外は廃棄。
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:03 | category: カラダのキロク・ココロのキロク |
# あばら
朝起きて
気が付いたら、うつぶせに寝てて
珍しいな、と、両手をついて起き上がったら

【ぽきん】

え?
右側。

あばら、折れたかも。


 
| comments(0) | trackbacks(0) | 00:36 | category: カラダのキロク・ココロのキロク |
# ぶつけた。縫った。
火傷をした左足は、1年4ケ月が経過して
思ったよりもきれいになって来ている。

表面は。

ここ何カ月かの間に、同じ箇所を3回ぶつけた。(2回は7月だった)
あざはかなり長いこと残っていたが
残っているのは表面だけではなかったらしくて
3回目にぶつけたときに、それはえぐれて裂けてしまった。

くっつかないかなーと思い、
流水で洗浄し、皮を引っ張り、四方を囲む絆創膏で固定して
丸1日様子を見たが、浸出液でパンパンになってしまった。
年貢を納める時だ。仕方ない医者行くか。

「どうしましたかー」明るい声の看護婦さんが、絆創膏をめくる。
「これは縫わなきゃね〜」

やっぱりですか。

7針ほど縫ったらしい。
今日は風呂と酒はNG。薬はちゃんと飲んで。

外見がきれいになったからって、中身はまだ負傷中ってことか。
まぁ、焦らない。
まだ1年4ヶ月だ。




 
| comments(2) | trackbacks(0) | 22:02 | category: カラダのキロク・ココロのキロク |
# まーたーやったー
前回、大怪我してから

もう一回、なんかやるな。
という気がしていました。

やったー。


20120928135751.jpg




包帯を取ると、別のものが出てきます。


心臓の悪い方は、この下の画像は見ないでくださいな。
あくまでキロクなので。































うわー。よく焼けてるにゃー

20120929214728.jpg








| comments(0) | trackbacks(0) | 23:23 | category: カラダのキロク・ココロのキロク |
# 抜糸
本日抜糸。

指の形してる。大丈夫、大丈夫。
 20120906152851.jpg





| comments(2) | trackbacks(0) | 21:00 | category: カラダのキロク・ココロのキロク |
# したがき
 

20120903223905.jpg

切ってすぐに「この傷は、縫わなきゃいけない」と感じたのは、出血がひどかったせいだと思う。

ブロック麻酔の後レントゲンを撮り、傷の深さを確認。
腱の手前まで切れていたそうだ。
小指の長さからすると、幅2cmの傷は大きい方。
デプリを行い縫合(と、診断書には書かれていた)。
6針縫った。
化膿止め・鎮痛剤・胃薬を3日分処方された。
消毒に通うようにと、出来るだけ動かすように指示を受ける。

翌日、まだ指は腫れていて青黒かった。
そこに黒い糸がぴょんぴょんと飛び出てかかっていて、大きな毛虫のように見えた。

自分の指でありながら、消毒中でも直視することが出来無いほどの気持ち悪さだ。
不思議と痛みは無い。



*9月1日今日の先生*
「デプリってなんですか?上司に聞かれたのですが、答えられなくて。」

先生は丁寧に教えてくれました。
医学用語で、深い傷を洗浄消毒することを指すのだそうです。
デプリケーション?デプリクション?だっけ??
忘れたけど(馬鹿)英語だそうです。

「深かったんですよ。」

ハイ、スミマセン。間抜けで。






| comments(0) | trackbacks(0) | 21:05 | category: カラダのキロク・ココロのキロク |
# けーがーしーたー
 自分の不注意ですが、大怪我。20120830192818.jpg

知ってた?
今は「何針縫った」って言わないそうで。

昔、針の数で診療報酬が決まっていた頃の名残りなんですと。
昭和30年の話ですって。

縫ったため、濡らすの厳禁。

そんな訳で
オヤジがご飯の支度をします。

20120830195905.jpg
| comments(0) | trackbacks(2) | 20:59 | category: カラダのキロク・ココロのキロク |
# 暴れすぎ。

石川ライブ行って来ました!

盛ってます、名誉の負傷。
20120826140135.jpg

| comments(0) | trackbacks(0) | 19:23 | category: カラダのキロク・ココロのキロク |
# 記録
忘れてはならないことのようなので、一応記録しておこうかな。

2月はじめから曲がらなくありつつたった右の膝は
ついに、4月6日、曲がらなくなってしまいました。

職場の近所の整形外科へ。
真っ直ぐと曲げてと、レントゲンを2枚撮りました。

焼きあがったレントゲン写真を見ると
膝の皿の上辺りに、何かがあります。
水って、こんな風に映るんだ。
もっと下の方かと思っていた。

麻酔…これが劇的に痛い!…を打ち
すぐに水を抜くための注射器を挿入。

見ると気絶しそうなので、見ませんでした(^^;)
目に入らなければ、痛くも痒くもないので。

結局、注射器1本半の水を抜きました。

これまた透明かと思っていたら
泡のないビールか尿のような色。

その後に、ヒアルロン酸注入。

当日は濡らしてはいけないと言われたので
もしものために防水のテープを貼ってもらって
電気をかけます。

あと、腿の上の筋肉をつけるための体操を教えてもらい
一日に1クールやるよう指導を受けました。

最後に、痛み止め座薬と
炎症止めのお薬と胃薬を3日分処方してもらいました。


職場に戻って、かくかくしかじかと話をしましたら
「水って、年寄りの病気じゃないの。やだわー」って。
私もやだよー!

ショック。




上から見た、膝小僧。
20120408135059.jpg
注射針を刺した痕も、思ったより上のほうでした。
すごい、内出血してる!


見なくて良かった…





| comments(0) | trackbacks(0) | 21:45 | category: カラダのキロク・ココロのキロク |
Selected Entry
Recommend
永遠。
永遠。 (JUGEMレビュー »)
村山 由佳
「言葉にすると、想いはこぼれおちてしまう。」
Profile
Comments
Trackback
Mobile
qrcode
BlogPeople
Search this site
Sponsored Links